釣り糸の結び方-簡単で強度もあるサージェンスノットの方法

釣り糸どうしを接続する方法にはいくつかの方法がありますが、その中でも今回は簡単で比較的強度もある釣り糸の結び方である、サージェンスノットという結び方をご紹介します。

この結び方は簡単でお手軽にもかかわらず実用強度が十分にあって、特に釣り糸を継ぎ足したい時にとても重宝します。

フライフィッシングやルアーフィッシング、その他の釣りで使える釣り糸の結び方ですので覚えておいて損はありません。

ちなみに、筆者はフライフィッシングでのティペットの継ぎ足しや交換時に多用していますが、この結び方で不自由を感じたことはありません。

< スポンサーリンク >

サージェンスノットの用途

主に釣り糸の交換や延長を行う時に使用する結び方です。

釣バリの付いたハリスを道糸に直結するような場合にも使えますが針がジャマになり若干面倒になります。

 



サージェンスノットの特徴

サージェンスノットのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

 

メリット

・釣り糸を継ぎ足す場合に便利。

・釣行中手が濡れた状態でも簡単でお手軽に使うことができる。

・簡単な結び方の割に実用強度を十分に得られる。

 

 

デメリット

・2本の釣り糸のうち片方がフリーになっていないとやりにくい。

・太さの違い過ぎるラインどうしを接続する場合には向かない。

 

サージェンスノットの方法

ここでは、右側がフリーの釣り糸(継ぎ足す側)としてサージェンスノットのやり方を説明しています。

 

サージェンスノット手順11.2本の釣り糸の先端を互いに向き合う方向で15cm程重ね合せる。

 

 

 

サージェンスノット手順22.重ねた2本をまとめて輪を作る。

 

 

 

サージェンスノット手順33.作った輪に右側の糸2本をまとめて2,3回くぐらせる。(※)

 

 

 

サージェンスノット手順44.輪を中心に左右の2本を同時に左右に引いて絞め込む。

 

 

 

サージェンスノット手順55.余分をカットして完成。

 

 

 

(※):3回くぐらせる方法を、特にトリプルサージェンスノットとも言います。締め込みの際は、唾液や水などで結び目を湿らせて摩擦熱によるラインの劣化を防ぐようにします。

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲


アマゾンで釣り用品を探す
▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ