釣り初心者のための釣り糸(ライン)の基礎知識と選び方



スポンサーリンク


釣り糸の基礎釣りで使用される釣り糸(ライン)には様々なものがありますが選択はそれほど難しいことではありません。

この記事では釣り糸(ライン)の基礎知識として、釣り初心者や、これから釣りを始めようとしている方に向けて、釣り糸(ライン)の種類と特徴、そして購入時の選び方のヒントなどについてご紹介していきたいと思います。

 

 

釣り糸(ライン)の基礎

当然のことながらこれが無いと釣りにならないわけですが、釣りをする上で釣り糸(ライン)のことを知っておくことは、釣果やゲーム性を最大化するためには必要なことです。

ここでは主にルアーフィッシングで使用される釣り糸(ライン)についてご紹介していますが、素材や強度、太さなどの概念はどのジャンルの釣りにおいても共通することですので、参考にしてもらえればと思います。

 

 

釣り糸(ライン)の太さと強度

釣り糸(ライン)の太さは「号」という単位で1.5号、2.0号などと表示され、数字が大きいほど太くなります。

一方、釣り糸の強度は重さの単位:ポンド(lb)(※)で表示されており、その釣り糸(ライン)がどのくらいの重さに耐えられるのかということを表しています。

なお、「号」と同じく数字が大きくなるほど強度が高くなりますが、これに伴って太くなるのが一般的です。

(※):1ポンド = 453.592g

 

釣り具(タックル)とのバランスが大切

釣り糸(ライン)の選択は、ロッドやリール、また対象魚とのバランスが大切です。

小型魚を釣る道具で太すぎる釣り糸(ライン)の組み合わせだと釣りにくくなり、釣り本来のゲーム性も激減してしまいます。

 

 

ラインカラーは釣果に影響するか?

結論から言ってしまうと、「色は釣果に影響する」です。

例えば、渓流などのクリアウォーターの場合、あまり派手な色の釣り糸(ライン)は避けるべきです。

流れのある水面や水中でエサとなる小さな虫などを目ざとく見つけることができる魚達にとって、派手な色の釣り糸(ライン)は違和感の何物でもないわけです。

派手な色 or 見やすい = 魚に違和感を与えるリスクが高い

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ