魚のつかみ取りの5つのコツを知って差をつけよう



スポンサーリンク


ニジマスなど、魚のつかみ取りといえば夏のイベントやキャンプで定番のアクティビティーですが、魚をつかみ取りをしているつもりが、逆に魚に遊ばれてしまっていつまでも魚を取れないでいる人も少なくないですよね。今回は、魚のつかみ取りが、上手くできないという人のためのコツをお伝えします。ここで紹介する5つのコツをヒントにして、周りに差をつけましょう。これから説明するコツは筆者の経験から、うまくいった方法を基に解説していますので、これが正解っていうわけではないと思いますが、是非ヒントにしてみてください。

魚のつかみ取りの5つのコツ

 

ところで、魚のつかみ取りなどのアウトドアを通じて、成長期のお子さんとの触れ合いって大事ですよね。また同時に、成長期の子どもの健やかな成長もしっかり見守ってあげたいものです。

>> 新聞でも絶賛の子供成長サプリ【カラダアルファ(α)】

 

魚のつかみ取りのコツ

ご存知のように、のつかみ取りで放される魚って、ニジマスや鮎に限らず、程度はあれどヌルヌルしています。また、魚のつかみ取りの場所も、川の浅瀬を堰き止めたタイプだったり、イケスのように流れのない場合など、いろんな条件はあると思いますが、魚のつかみ取りを上手くやるコツは、それほど違いはないと思います。

 

もちろん、流れがあれば足場の安定を確保する必要があったり、魚が身を隠す大小の岩や障害物がある・ないなどで、攻め方は変わってくるわけですが、いくつかのポイント(コツ)を押さえておくことで、魚のつかみ取りの多くのシーンで対応が可能になると思います。魚のつかみ取りのコツ、そのキーワードはこちらです。

 

  • 魚のつかみ取りは装備も重要
  • 魚は冷たい水の中にいることをお忘れなく
  • 追っかけずに待つ方が得策
  • 魚をつかみ取りする部位
  • 前から攻めるか後ろから攻めるか

 

魚のつかみ取りのコツ 概要

では、これらのキーワードについて、ひとつずつ掘り下げて解説していきます。

 

魚のつかみ取りは装備も重要

魚のつかみ取りを素手で挑む人の多いこと。もちろん、素手でもいいのですが、ヌルヌルの魚体を水中でしっかりホールドするのって意外と難しいです。ギュッとつかもうとするほど、ツルンと滑って魚を逃がしてしまうことにもなります。そんな時に便利なのが軍手。軍手の適度な粗めが、ヌルヌルをうまく軽減して、魚をホールドしやすくなります。使う軍手は、『ゴムのすべり止めがついていない』のを選ぶようにします。空気中では、軍手のゴムは、強力なすべり止め効果を発揮しますが、水中では魚のヌルヌルで逆に滑ることになるからです。軍手を使うなら無地のごく普通のを使いましょう。

 

魚のつかみ取りのコツの1つ目は、軍手を使うです。

 

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ