初心者にも簡単な川釣り入門

スポンサーリンク

初心者にも簡単な川釣りにはいくつかありますが、今回は、川の中流域で狙える小物釣りを題材に、「初心者にも簡単な川釣り入門」と題して、魚の種類や必要な道具などについてお伝えしていこうと思います。

 

川の中流域で釣れる小物

川の小物-オイカワ川の中流域で釣れる魚には鯉、鮒、モロコ、オイカワ、クチボソ、ウグイ、ハヤなど多くの種類の魚を釣ることができます。

 

 

川釣り入門のおすすめは五目釣り

簡単な仕掛けと手軽さから小物の五目釣りが、初心者にも簡単な川釣り入門としておすすめで、オイカワやクチボソなどの川の小物は夏の時期に簡単に良く釣れます。

共通の道具、仕掛け、餌を使って、何が釣れるかワクワクしながらの五目釣りはなかなか楽しいですよ。

 

川釣り入門に必要な道具と餌(エサ)

簡単な道具と仕掛けで手軽に川の五目釣りを楽しむことができます。

ここでは、必要となる主な道具などについて確認してみましょう。

説明に無い、魚を入れておくための容器やビクなどは必要に応じて用意しておきましょう。

 

釣竿

川釣り用のべ竿先調子の万能のべ竿の硬調が扱いやすいです。

長さは、3.6m~4.5m位を目安に、釣り場に合わせて選択しましょう。

竿受けを使わず、常に手で持って釣りをする場合は、軽い竿を選ぶことで疲れません。

のべ竿についての詳細は、こちらの記事も参考にしてください。

延べ竿(のべ竿)の基礎知識と失敗しないための選び方

 

 

道糸

道糸道糸とは、釣竿の先(穂先といいます)からハリス(釣バリから道糸までを結ぶ細い釣り糸のこと)までの釣り糸のことです。

釣り初心者は、値段もお手頃で扱いやすいナイロンラインの1~2号を用意しましょう。

 

 

ウキ

ウキの種類と役割いろいろな種類がありますが、小型の玉ウキか唐辛子ウキが、視認性も良く扱いやすいです。

道糸に通したゴム管にウキの柄を差してセットします。

タナの調整(魚の反応がある水深のことで餌までの釣り糸の長さです)は、このゴム管を道糸上で上下することで調整します。

魚のアタリがある深さをいろいろと変えながらタナを調整しましょう。

 

 

オモリ

川釣り仕掛けのオモリ仕掛けを沈めるために使用するオモリは、割りビシかガン玉を使用します。

ウキが沈んでしまわない程度に水面で垂直に立つようにオモリの量を調整します。

根掛かりの時に仕掛けごと切れてしまうのを防ぐために、オモリの取り付け位置はハリス側にした方が良いです。

 

 

釣バリ

釣バリ釣バリのサイズは、魚の大きさによって選ぶ必要がありますが、オイカワやモロコなどの小物では、袖バリの3~5号程度がちょうど良いでしょう。

ハリスの太さは、道糸より1ランクか2ランク細い物を選び、1号の道糸の場合であれば、0.8号か0.6号でOKです。

ハリス止めまたはヨリモドシを使ってハリスと道糸を接続します。

 

 

餌(エサ)

川の小物釣りのエサ-赤虫餌は生餌(いきえ)と練り餌がありますが、ミミズや赤虫などを代表とする生餌の方が、食いも良くいろんな魚が釣れます。

虫が苦手な場合は、小物用の万能練り餌などでもOKです。

 

 

川釣りの基本仕掛け

必要な道具など一式が理解できたところで、まとめとして川釣り仕掛けを図解してみましたので参考にしてみてください。

川釣り入門-仕掛け(図解)
川釣りの仕掛けには写真のような川釣りの仕掛けセットが釣具屋さんで300円程で販売されているので、仕掛けを作ったことがない初心者の方でもお手軽に川釣りを楽しむことができます。

川釣り仕掛けセット

 

スポンサーリンク

楽天釣り市場


釣り便利グッズレビュー記事はこちら

ロゴス ワンタッチキューブテント
オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター

便利なネット活用ツールが今なら【タダ】!

無料ツールの入手

釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。

このページの先頭へ