簡単な釣り糸の結び方(エイトノット、8の字結びの作り方)



スポンサーリンク


釣り糸の結び方の基本中の基本、8の字結びはいろんな場面で使われる結び方で、結び目がちょうど数字の8の字になっていることから8の字結び、またはエイトノットと呼ばれています。

8の字結びは、仕掛けを作ったり、他の結び方の中で使うことも多いのでキッチリと覚えるようにしましょう。

結び方自体は全く難しいことはなく簡単ですが、ちょっとしたコツがありますので記事後半の「結び方の方法」の中で、その辺も交えて8の字結びのやり方を説明したいと思います。

 

8の字結びの用途

8の字結びの用途は多種多様です。

釣り糸を輪状に結んでチチワを作るときや、仕掛けを作るときなど、工夫次第でいろんな場面で活用ができます。

一般的に良く知られている「堅結び」の場合、結び目のところで釣り糸が一直線にならず曲がってしまう事が多い(写真右側)ですが、この8の字結びを使えば、釣り糸が結び目から変に曲がってしまうようなことがありません。(写真左側)

釣りのいろんな場面で良く使う結びですので是非覚えるようにしてくださいね。

8の字結び-手順6

堅結び

 

 

 

 

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ