釣り初心者のための釣り具(タックル)の基礎知識



スポンサーリンク


釣り初心者や、これから釣りを始めようとしている方が最初に困ることと言えば、「どんな釣り具(タックル)を揃えればいいか?」とか、「初心者でも簡単に釣れる魚は?」などではないでしょうか。

ひとことで釣り具と言っても、釣ろうとする魚の種類や狙い方(釣り方)によって無数と言っていい程の種類に分かれます。

そんな数ある釣り具(タックル)の中から、何をチョイスすればいいかなんて、既に釣りを趣味としている人にとっても難しいものです。特に、自分がやったことの無いジャンルになると、もしかすると初心者と同じかも知れませんね。

では釣り初心者さんがどうやって釣り道具を選べばいいか?という部分に触れる前に、今回は、まず「魚を釣るための道具」に絞って釣り具の基礎知識について触れていこうと思います。

 

どんな釣りでも基本は7つ

どんな種類の釣りであっても、釣竿、リール、釣り糸(ライン)、ウキ(マーカー)、オモリ(ウェイト)、釣り針(フック)、エサ。

釣り具(タックル)は基本的にこの7つしかありません。

魚の種類と釣り方によって、この組み合わせが変わるだけです。

それでは、この7つについて簡単に説明します。

 

釣竿(ロッド)

釣り具(タックル)の必須アイテム(手釣りでない限り)

釣竿の種類大きく分けて、投げ釣りやルアーなどリールとセットで使用される竿(スピニングロッドやベイトロッド)と、へら竿や渓流竿などリールを付けない竿(のべ竿)の2種類があります。

そして、振り出し式(伸びるタイプ)ジョイント式(繋げるタイプ)の2種類のタイプに分かれます。

基本的に対象魚毎に専用の釣竿があって、用途や好みに合わせて竿の硬さや長さなどをチョイスします。

 

 

リール

釣法によって必要

リールの種類投げ釣り、ルアー、船釣りなど仕掛けを遠くに投げたり、水中深くに沈める必要がある釣りをやる場合に、釣り糸(ライン)を巻き溜めておくための道具です。

リールには1000番、2000番などの番号が付いていて、この番号が大きくなるほどリールサイズも大きくなり、サイズが大きいものほど遠投が必要な場合であったり、大型魚を対象とします。

対象魚に合わせて形状と最適なサイズを選択するようにしましょう。

 

 

釣り糸(ライン)

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ