ルアーロッドの種類と失敗しないための選び方



スポンサーリンク


初心者のためのルアーロッドの基礎知識と選び方のヒントとして、前回は、ルアーロッドの各部位の名所とルアーロッドのパワーとテーパーについてお伝えしました。

前回の記事:「ルアー初心者のためのルアーロッドの基礎知識」はこちら

続きの第2回目の記事では、ルアーロッドの種類と選び方のヒントについて触れていきたいと思います。

 

ルアーロッドの種類

大きく分けるとスピニングロッドとベイトロッドに分かれます。

ブラックバスなどの釣りでは、スピニングにするかベイトにするかを、まず最初に選択する必要があります。

リールとの組み合わせが違っても使うことはできますが(笑)、それぞれ専用のリールとセットで使用するようにしましょう。

 

スピニングロッド

スピニングロッドスピニングリールとセットで使用します。

ワームやジグヘッドなど軽いルアーを使う場合や、渓流のトラウトや海のメバルなどの小物からシーバスやブラックバス、ヒラメなどの大型魚に対応するスピニングロッドがあります。

 

 

 

ベイトロッド

ベイトロッド重い仕掛けを巻くのを得意とし、また太い糸を巻くことができるベイトリールとセットで使用します。

スピニングロッドと比べるとヘビーなものが多いですが、遠投を必要とする対象魚(海のシーバス、青物など)には不向きです。

また最近はあまり見かけませんが、ガイドが無く(実際には内部に垣外相当の構造を持つ)ラインを中に通すインターライン式のものなどがあります。

 

 

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ