釣り初心者のためのベイトリールの基礎知識



スポンサーリンク


ベイトリールの基礎知識ベイトロッドを使った釣りをやる場合、これとセットで使用するベイトリールが必要になります。

見た目もかっこいいベイトリールですが、釣り初心者にとっては、どんなベイトリールを選べばいいのか、そもそもスピニングリールどっちを選べばいいのか、など分からないことも多いのではないでしょうか。

この辺の話をベイトリールの基礎知識という形で2回の記事に分け、今回の記事では、ベイトリールの特徴と各部位の名称について お伝えしたいと思います。

 

ベイトリールの特徴

バスフィッシングをやるアングラーに良く知られているベイトリールはベイトロッドとセットで使われるリールで、スプールを支える構造が両軸受け構造となっていて、片軸受け構造のスピニングリールとは構造が全く異るものとなっています。

これはつまり、リール自体の形状が全く違ってくるということを意味します。

また、キャスト時のラインを送り出す仕組みも、スピニングリールはスプール自体が回転することはありませんが、ベイトリールはスプール自体が回転することでラインを送り出すというところも大きな違いです。

スピニングリールに比べて巻き取り力が強く、太いラインを使うことができます。

また、遠投には向かないけどキャスト時のコントロールに優位性があり、近距離のポイントへのアプローチがしやすいことも特徴の1つです。

 

ベイトリールのメリット

・巻き取り力が強く巻き抵抗の大きいルアーでも楽。

・狙ったポイントへのアプローチの際コントロールしやすい。

・投げてから巻き始めるまでの動作がスムーズで手返しが良い。

・糸ヨレが少ない。

 

 

ベイトリールのデメリット

ベイトリール-バックラッシュ

・バックラッシュが発生しやすい。(最大の弱点です) ※

・遠投に向かない。

・軽いルアーを投げるのに向かない。

・初心者には扱いにくい。

※:スプールが空回り状態になり、ラインがスプールでグチャグチャに絡むライントラブルの1つ。

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ