フライ初心者のためのフライライン基礎講座



スポンサーリンク


フライラインフライフィッシングは、フライラインと呼ばれる釣り糸の重みでフライロッドをしならせるようにします。

そして、ロッドの反発を利用してフライラインを次第に伸ばすという動作を連続的に行うことでフライ(毛鉤)を遠くへ運びます。

今回は、フライラインの種類と特徴、番手、記号の見方、そして選び方のヒントについてお伝えしたいと思います。

 

 

フライラインの種類と特徴

フライラインはライン自体に重みをもたせるため、塩化ビニールでコーティングされていて、他の釣りで使用されるラインよりも太く・重くなっています。

また太さは均一ではなくテーパーがかかっています。

フライラインを用途に応じて使い分けるわけですが、その前にフライラインの種類と特徴について見てみましょう。

 

 

ウェイトフォワード(WF)

フライライン-WF

ラインの前の部分約9mが太くて重い設計になっています。

この部分の途中にはテーパー(次第に細くなる)が設けられており、最後にその先が同じ太さとなっています。

やや遠投が必要な湖や川で使用します。

 

 

ダブルテーパー(DT)

フライライン-DT

名前の通りテーパーが2つあり、ラインの両端に全く同じテーパーが設定されています。

片方が痛んでダメになったら、ひっくり返してつなぎ直すことで、もう片方も使えるため経済的です。

渓流のフライフィッシングで最も使われる種類でしょう。

 

 

シューティングテーパー(ST)

フライライン-ST

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ