メバリングロッド1本目を選ぶならソリッドかチューブラーか

前回の記事ではメバリングに適したリールについてお伝えしましたが、今回の記事では、メバリングロッドを選ぶときのポイントについて触れていこうと思います。

メバリングリール選びのについての記事がまだの方は巻末の合わせて読みたい記事のところからご覧になってみてください。

メバリングロッドはバスロッドでも代用が効くという話を良く聞きますが、バスより圧倒的にサイズが小さいことが多いメバリングにバスロッドではオーバーパワーになることもしばしば。

メバルの繊細なアタリと小気味よい引きを存分に楽しもうと思うなら、やはり専用のメバリングロッドを手に入れたいところですね。

はじめにメバリングロッド選びのポイントをおさえた後、記事後半でメバリングロッドのおすすめについてもご紹介していきます。

< スポンサーリンク >

メバリングロッドのソリッドとチューブラー

メバリングロッドを選ぶときに頭に入れておきたいこととして、まずはロッドの穂先(ティップ)の構造があります。

それぞれの特徴について簡単に説明します。

 

ソリッドティップ

ソリッド、これは英語のsolidから来ていて「中身のある」や「中まで堅い」などの意味があります。つまり、ロッドティップが中空構造ではなく中身が詰まっている構造のタイプを指します。

この、ロッドの特徴としてはロッドの先端がしなやかでロッド全体も良く曲がります。

ですので、ルアーを咥えたメバルに違和感を与えにくいというメリットあります。

しかし、ロッド全体がしなやかであるがゆえに感度があまり良くないロッドではロッドを持つ手にアタリが伝わりにくいというデメリットもあります。

 

チューブラーティップ

一方チューブラーは、中身が詰まっておらず中空構造のタイプの物を指します。

こちらのロッドの特徴は、ロッド先端にハリがあってロッド全体が曲がりにくく硬い感触になります。

高感度でメバルの繊細なアタリをダイレクトにとらえるメリットがあります。

ロッドのハリが仇となってアタリに上手く合わせないとフッキングさせづらいデメリットがあります。

 

双方の良さを併せ持つモデル

ソリッドティップモデルは柔軟で良く曲がるので魚に違和感を与えにくいけど感度が良くないという特徴。

そして、チューブラーティップモデルはロッド全体にハリがあり感度が良いけど曲がりにくくて魚を弾きやすいという特徴があります。

両者にそれぞれメリットとデメリットがあることは分かりました。

でも、この両者の良い面を併せ持つロッドが欲しいと思うのが人情というもの。(笑)

そんな要望に応えるべく、最近では両者の特徴を併せ持つメバリングロッドも登場しつつあります。

つまり次の2種類です。

・ソリッドティップ構造で柔軟だけど全体的にハリを持たせて感度を向上させたもの。

・チューブラーティップ構造でハリがあるけど全体的に柔軟性を持たせたもの。

 



メバリングロッド選びに迷ったら

メバリングロッドには、ソリッドティップ、チューブラーティップの2つのモデルがあり、更に最近では、両者のデメリットを補完するタイプのロッドがあるわけですが・・・・、

結局ソリッドとチューブラーのどっちがいいの?

ってところで迷うことも多いと思います。

 

メバリングの1本目はソリッドティップタイプ

この記事をご覧のあなたがもし、メバリングの初心者なら、ロッド全体が柔軟で掛けたメバルをバラシにくいソリッドティップタイプがおすすめです。

ソリッドティップタイプのロッドは、メバルがルアーを咥えたときに違和感を与えにくいので、アタリを感じてからの時間を長くすることができます。

つまりフッキングさせる機会が増えるということです。

フッキングさせることが出来なければ当然メバルは釣れません。

チューブラーティップタイプのロッドは、ハリがあるのでメバルのアタリを高感度に捉えることがメリットですが、そもそもそのロッドの硬さゆえにメバルに違和感を与えやすく、せっかくのアタリ自体を弾いてしまってフッキング時間を稼ぐのが難しくなります。

従って、最初はソリッドティップのなるべく高感度で確実にフッキングに持って行けるメバリングロッドがおすすめです。

はじめはソリッドティップタイプ、慣れてきて更にアグレッシブにゲーム性を求めるようになってきたら、2本目はチューブラーティップタイプというチョイスもありだと思います。

 

感度をなるべく良くするために

ソリッドティップタイプのメバリングロッドは、チューブラーティップタイプのロッドに比べて感度が劣ることが多いので、この弱点を補完するため、できるだけガイドが小さいロッドを選ぶようにしたいですね。

その方がラインを伝わるメバルのアタリがガイドを通してダイレクトに伝わりやすくなるためです。

 

おすすめのメバリングロッド

最後に、先ほどまでの解説も踏まえてメバリングロッドのおすすめをいくつか紹介しておきますの参考にしてみてくださいね。

top
< ダイワ(DAIWA) 月下美人 76UL-S >

ダイワ(DAIWA) 月下美人 MX 76UL-S

しなやかさを保ちつつ高強度なカーボンソリッド素材「メガトップ」を搭載した乗せ調子モデル

メバルのショートバイトを弾く心配もなく、1gクラスの極小ジグヘッドのスイミング、3gクラスのジグヘッドで潮の速いポイントの攻略も可能。

アジングロッドの兼用にも応えてくれる1本です。

 

>> ダイワ(DAIWA) 月下美人の詳細はこちら >>

 

 

 

second
< メジャークラフト クロスライド メバルカテゴリー XRS-S762M >

メジャークラフト クロスライド メバルカテゴリー XRS-S762M

漁港や消波ブロック帯の多い港湾部での活躍を約束してくれる1本。

振り抜け感の良いバット部、そしてソリッドティップでありながら金属質なシャープさを生み出すややハリのある高感度ソリッド素材を搭載。

従来の乗せ調子気味のソリッドティップには無い超繊細なモデルです。

 

>> クロスライド メバルカテゴリーの詳細はこちら >>

 

 

 

third
< シマノ(SHIMANO) ソアレ CI4+ S706ULS >

シマノ(SHIMANO) ソアレ CI4+ S706ULS

メバルに違和感を与えず喰わせる、しなやかなソリッドティップと、ブランクスにはシマノのお家芸ともいうべき、「スパイラルX」と「ハイパワーX」構造を採用することで、ロッド全体がしなやかでありながらブレのない操作性を実現。

漁港、港湾、防波堤などで軽量ジグヘッドの数釣りに最適な一本です。

リールシートには軽量素材「CI4+」を搭載。

 

>> シマノ(SHIMANO) ソアレの詳細はこちら >>

 

>> メバリングロッド売れ筋ランキングを見る <<

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ