メバリングロッド1本目を選ぶならソリッドかチューブラーか



スポンサーリンク


前回の記事ではメバリングに適したリールについてお伝えしましたが、今回の記事では、メバリングロッドを選ぶときのポイントについて触れていこうと思います。

メバリングリール選びのについての記事がまだの方は巻末の合わせて読みたい記事のところからご覧になってみてください。

メバリングロッドはバスロッドでも代用が効くという話を良く聞きますが、バスより圧倒的にサイズが小さいことが多いメバリングにバスロッドではオーバーパワーになることもしばしば。

メバルの繊細なアタリと小気味よい引きを存分に楽しもうと思うなら、やはり専用のメバリングロッドを手に入れたいところですね。

はじめにメバリングロッド選びのポイントをおさえた後、記事後半でメバリングロッドのおすすめについてもご紹介していきます。

 

メバリングロッドのソリッドとチューブラー

メバリングロッドを選ぶときに頭に入れておきたいこととして、まずはロッドの穂先(ティップ)の構造があります。

それぞれの特徴について簡単に説明します。

 

ソリッドティップ

ソリッド、これは英語のsolidから来ていて「中身のある」や「中まで堅い」などの意味があります。つまり、ロッドティップが中空構造ではなく中身が詰まっている構造のタイプを指します。

この、ロッドの特徴としてはロッドの先端がしなやかでロッド全体も良く曲がります。

ですので、ルアーを咥えたメバルに違和感を与えにくいというメリットあります。

しかし、ロッド全体がしなやかであるがゆえに感度があまり良くないロッドではロッドを持つ手にアタリが伝わりにくいというデメリットもあります。

 

チューブラーティップ

一方チューブラーは、中身が詰まっておらず中空構造のタイプの物を指します。

こちらのロッドの特徴は、ロッド先端にハリがあってロッド全体が曲がりにくく硬い感触になります。

高感度でメバルの繊細なアタリをダイレクトにとらえるメリットがあります。

ロッドのハリが仇となってアタリに上手く合わせないとフッキングさせづらいデメリットがあります。

 

双方の良さを併せ持つモデル

ソリッドティップモデルは柔軟で良く曲がるので魚に違和感を与えにくいけど感度が良くないという特徴。

そして、チューブラーティップモデルはロッド全体にハリがあり感度が良いけど曲がりにくくて魚を弾きやすいという特徴があります。

両者にそれぞれメリットとデメリットがあることは分かりました。

でも、この両者の良い面を併せ持つロッドが欲しいと思うのが人情というもの。(笑)

そんな要望に応えるべく、最近では両者の特徴を併せ持つメバリングロッドも登場しつつあります。

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ