メバリングでは必ずしもメバルが釣れるとは限らないのが面白い?



スポンサーリンク


ルアーでメバルを狙うメバリングでは、必ずしも本命のメバルが釣れるとは限りません。メバリングでは、メバルの生体と似た根魚であるソイやカサゴといった外道が釣れることもあります。その秘密はズバリ、タナとルアーのトレースライン。

メバリングシーズン 防寒

 

メバリングシーズン真っ只中

メバリングシーズン真っ只中の某日、八景島方面に夜間のメバリング釣行へでかけました。実は、この2週間前にも同所でメバリングやってたんですが丸坊主。今回は、そのリベンジを兼ねての釣行というわけです。

 

今回のメバリング釣行、夜間の気温は5℃前後と、かなりの冷え込み。ヒートテックの上下を中に着込んで暖パンにフリース、防寒ジャケットにネックウォーマーと防寒対策を入念にしておかないとメバルに出会う前に心が折れてしまいます。それから意外と忘れがちなのが手袋。ルアーの変更やライントラブル時の結び直しなどで、いちいち取り外したり不便な部分もありますが、寒さで手がかじかんでしまうと何もできなくなります防寒・防水に優れる指空きタイプのネオプレーン製グローブなどはおすすめ。これで、防寒対策もバッチリです。

 

筆者のメバリング釣行では、とにかく歩き回ることが多いので、装備とタックルは必要最低限。ロッドやリールは標準的なメバリングタックル。それ以外には、基本的にバッカン1つというスタイルです。

 

バッカンの中には、メバリング用のワーム、ジグヘッド、ショックリーダーなどを入れた小型のタックルボックスを2つ、ビニール袋(メバルを入れるため)、タオル、フィッシュグリップなどの小物を入れて持ち歩きます。

 

メバルなど釣れた魚を持って帰るときのクーラーボックスは、車の中に基本的に入れっぱなしです。あと夜釣りの必需品、ヘッドライトは予め装着しておくか、ベルトを首に通しておきます。

メバリング タックルと装備は最小限

 

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ