海釣り今釣れる魚!10月頃の初心者にもおすすめの船釣り

海釣りで今釣れる魚を狙ってみたいと思います。今回は、筆者自ら船に乗り込み、初心者にもおすすめの五目釣りに挑戦してみました。10月頃に釣りやすい魚種と仕掛けとエサを解説。

10月頃の初心者にもおすすめの船釣り アジ・サバビシ仕掛け

 

< スポンサーリンク >

初心者におすすめの海釣りで今釣れている魚

海釣りで今釣れている魚狙いで釣行に出かけたのが9月も終わりの頃。今回は、10月頃に釣り易く数釣りの期待もできる初心者にもおすすめのアジ・サバなどの五目釣りに挑戦しました。

 

堤防からのサビキ釣りとは違って、水深50m程ある沖合で釣れる魚は、同じサバ・アジでも良型の20cm~40cmとまるっきり違ってくるので、かなりの引きを楽しむことができます。釣れる魚もアジやサバをはじめとして、イナダ、イサキ、タイなどの期待もできます。

今釣れる魚 10月頃

 



海釣りで今釣れる魚を釣るための仕掛けとエサ

船からの海釣りで、これらの今釣れる魚を釣るための仕掛けとエサの解説です。

 

リール:

釣り場に合わせて両軸受けの手動または電動リールを使います。手巻きでもいいですが、数十mの水深からの仕掛けの巻き上げは、魚が掛かってる場合は特に重労働。何時間もそれを繰り返すわけなので、電動リールの利用が圧倒的に楽で効率的。300~500番手サイズにPEラインの4~5号を200m程度あればOKでしょう。

 

取扱い方は、ここでは割愛しますが、同行者に聞くか、船頭さんに初めて使うことを伝えれば基本的な使い方は、ちゃんと教えてもらえるはずですのでご安心を。

今釣れる魚に使う電動リール

>> 電動リールを見てみる <<

 

ロッド:

長さ2.0~3.0m前後、オモリ負荷50~80号の船竿。竿の調子は、初心者の場合、先調子よりも胴調子が扱いやすいでしょう。

今釣れる魚に使うビシ竿

>> ビシ竿を見てみる <<

 

ロッドキーパー:

船べりにロッドを固定するための道具。置き竿ができ、固定したままロッドをしゃくったり、仕掛けや魚の巻き上げと楽々。これがあるのと無いのでは手返しがまるっきり変わってきます。

ロッドキーパー

>> ロッドキーパーを見てみる <<

 

仕掛け:

仕掛けは釣り場や地域によって様々と思いますが、片テンビンとビシ(オモリとコマセカゴの一体になったもの)仕掛けが一般的で、ビシは60号前後。

コマセ

ビシカゴ

 

ハリは伊勢尼の6号などのウィリー3本バリ仕掛け。ハリスと幹糸は共に3号程度、全長は3m前後でいいと思いますが、多くの場合、その地域や釣り場で定評のあるおすすめの仕掛けがあるはずなので、基本的にはそれに合わせるようにしましょう。通常は300円程度で船宿で扱ってると面ます。

今釣れる魚に使う仕掛け

>> ビシ仕掛けを見てみる <<

 

エサ:

コマセ(海中で撒いて魚を寄せるためのエサ)はオキアミ、ハリに付けるエサはコマセより大きいサイズのオキアミを使います。付けエサのオキアミは、しっぽの部分を取り除いてから、しっぽ側からハリに刺し、オキアミが真っ直ぐになるようにするのが基本的な方法です。

付けエサ用オキアミ

>> 付けエサを見てみる <<

 

今釣れる魚を釣るための仕掛け図解

まとめとして道具一式と仕掛けを図解しましたので参考にしてみてください。(クリックで拡大)

アジ サバ ビシ仕掛け 図解

 

海釣りで今釣れる魚を釣るための準備

初心者におすすめの今釣れる魚といっても、さすがに釣り初心者さんが1人で海の船釣りに出かけるっていうのもあまりないと思うので、ここでは、ある程度の釣り経験者と同行するのを前提に説明しました。

 

なぜ、こんな記事を公開しようと思ったのかというと、釣り好きの同行者にも実はいろんなタイプがいまして、毎回エサ付けまでやってくれるような超面倒見のいい人ばかりとは限りません。逆に、こういうシチュエーションでは、いざ現地で釣りを始めてみると自分の世界に没頭してしまったり、そもそも同行者の釣り経験レベルが浅い場合、人の面倒を見る余裕がないとってこともあり得るわけです。さすがに放置されっぱなしということはないとは思いますけど。。。

 

なので、最悪のケースに備える保険の意味でも、最低限の予備知識をインプットしておくことは決してムダにはならない、というわけです。

 

ここで、説明した道具一式を釣り初心者がいきなり揃えるのも大変。そんな場合は、予約先船宿のレンタルを活用するのがおすすめ。魚を持ち帰るクーラーボックスなどは持参する必要がありますが、釣りをするためのエサと道具一通りを用意してもらうことが可能です。

 

もちろんレンタル料は必要なので、事前の確認と予約をしておきましょう。エサとレンタルひっくるめて1万円くらいのところが多いみたいです。また、釣り船には、乗合い船と仕立て船があるんですが、10人程度の人数を集められるなら、仲間どうしてワイワイと、あまり気を遣わずに済む仕立て船がおすすめ。分かりやすく言うと、乗合船=合席、仕立て船=貸切ってことですね。

 

今釣れる魚の釣ってからのお楽しみ

海釣り今釣れる魚は、釣って終わりではありません。釣った魚は家に持ち買ってご近所へのお土産にしたり、その日の夕飯のおかずにするのもおすすめ!

 

私は、こんな感じにアジの開きにしてみましたよ。

アジの開き

 

あと、サバは定番の塩サバにしました。サバはじっくり皮をパリっと焼くと、もう最高ですよっ!

塩サバ

焼き塩サバ

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲


アマゾンで釣り用品を探す
▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ