堤防からタチウオをルアーで狙う!道具と仕掛けを解説

夏の終わりから晩秋にかけて堤防付近に接岸してくるタチウオをルアー仕掛けで狙ってみましょう。必要なタックルと良く使うルアーについて図解を交えて解説します。

堤防 タチウオ ルアー 仕掛け

 

< スポンサーリンク >

堤防からタチウオをルアー釣るための道具

まずは堤防からタチウオをルアーで仕留めるために必要な基本的な道具を説明していきましょう。

 

ロッド

堤防からタチウオをルアーで釣るには単純に投げて巻く、いわゆる「ただ巻」が基本なんですが(ルアーをトレースする棚はいろいろ試すことが必要)、ダートといって逃げ惑う小魚の動きを演出するテクニックが必要になることがあります。後で出てくるワインド仕掛けというやつです。このとき、ロッドを大きくしゃくる動作をするため、ロッドの根元側にコシがある、つまりバットパワーがあるワインド専用ロッドというものが有利になります。近年ではこのワインドが流行なので、タチウオ用に最初の1本を考えてるならワインド専用ロッドのチョイスでもいいですし、ロッド性能が良く似たエギングロッドのチョイスもありです。長さ8ft前後のバットパワーのあるロッドを選びます。

 

リール

ロッドとのバランスがいちばん重要ですが、堤防からタチウオをルアーで狙う場合には、手返しの良さが釣果を左右することが多いです。ルアーはただ巻が基本になるので安定した回転性能と、キャストの繰り返しでも疲れにくい軽量感が大事になってきます。番手としては最低でも2500番は欲しい、3000番を目安にチョイスしましょう。

 

ライン

ラインの選択も非常に需要です。ナイロンラインが比較的安価で扱い易いですが、堤防からタチウオをルアーで狙う場合は、ライン自体の伸びがほとんどなく、タチウオのバイト(ルアーに食いつくこと)を敏感に察知しやすいPEラインがおすすめ。PEラインであれば0.8号~1.0号を目安にすればOKです。ルアーはPEラインに直結せず、PEラインとルアーとの間にフロロカーボン25ポンド程度を1.5mほど結びます(ショックリーダーという)。タチウオは非常に鋭い歯を持つので、ラインブレイクのリスクが高いので、ショックリーダーの先に、20cm程度のワイヤーショートリーダーを結ぶ場合もあります。

 

ルアー

堤防からタチウオを狙うルアーは、ずばりシーバスのルアーを参考にすることができます。つまり使用するルアーは、バイブレーション、ミノー、メタルジグ、ジグヘッド+ワーム(ワインド)です。これらのルアーは基本的にただ巻で十分に釣りになるくらいのアピール力があり、実際良く釣れます。

 

バイブレーションは遠投が効き、沈める深さを変える(着水してから沈める時間をカウントする)だけで表層から海底付近とかなり広範囲にタチウオの探査が可能です。メタルジグも同じような感覚で使えます。

 

ミノーは遠投には不向きなのと表層近くがメインの攻略レンジになりますが、タチウオが小魚を追って表層まで浮いているようなときに抜群の効果力を発揮してくるでしょう。

 

ワインドとは、関西方面で流行していたのが全国的に広まった仕掛け(リグ)です。ジグヘッドにワインド専用ワームを取り付けますが、特徴的なのはアシストフックといって、メインのフックにトリプルまたはシングルフックが連なる形で付いていて、まさにメインフックのアシストというわけです。フッキングしにくいタチウオのフッキング率を飛躍的にあげる秘密兵器といえます。ジグヘッドにつけるワームのカラーはタチウオの活性が高ければピンク・オレンジ・白・蛍光を。日中や夜間でも食いがシブいときの基本はイワシなどのナチュラルカラーをチョイスしよう。

タチウオに効く ワインド

 



堤防からのタチウオを直撃するルアー仕掛け

道具のところで大体を説明しましたが、より分かりやすくするため、堤防からのタチウオを直撃するルアー仕掛けの全体を図解してみましたので参考にしてください。(クリックして拡大)

堤防 タチウオ ルアー 仕掛け 図解

 

タチウオってこんな魚

タチウオは基本的に夜行性で、かなり獰猛な部類の肉食魚(フィッシュイーター)です。つまりルアーフィッシングの格好のターゲットと言えます。シーズンは夏から晩秋で、この時期になると堤防などから狙いやすい距離まで接岸して来るようになります。その出で立ちと顔つきからドラゴンの異名を持つが、あまり知られていないようです。ギラギラした見た目の銀色は、まさに太刀魚の名がピッタリといったところでしょうか。

 

釣れたタチウオの大きさを表現するときに良く使われるのが、指3本とか4本といった表現。これはタチウオの体高を指何本分あるかという表し方をしたもので、指5本(手の平)になるとかなりの大物ということになります。

 

食用としても良く知られていて、白身で淡白な身は、刺身からバター焼きやフライなどオールマイティーな料理食材として人気があります。もちろん味はサイコー!

 

食欲の秋、ご飯のおかずや晩酌のつまみを目的に、タックル片手に堤防からタチウオのルアー釣りにぶらっと出かけてみるのもなかなかいいもんですよ。

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲


アマゾンで釣り用品を探す
▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ