ヒラメルアーロッドの通販購入時のポイント



スポンサーリンク


この記事ではヒラメルアーロッドについて少し詳しく見ていきたいと思います。

ヒラメのルアー仕掛けについてまだのかたは「ヒラメのルアー仕掛け」も合わせてご覧ください。

今回はこれからヒラメのルアーフィッシングをはじめようと思っている方に向けて、ヒラメルアーロッドを通販で購入するときに考慮したいポイントをお伝えします。

 

ヒラメルアーロッドの適性を考える

ヒラメのルアーフィッシングをする上で考慮しておきたいヒラメルアーロッドの適正をいくつかの側面から見ていきたいと思います。

ちなみに、これらを見るとシーバスフィッシングで使用するシーバスロッドでも十分に通用することも分かりますね。

 

ロッドの全長

ヒラメルアーロッドの全長は、遠投性能とランディング時のし易さを考慮して決めることが必要です。

最近のロッド性能は大きく向上しているので遠投性についてはある程度のロッド長があればそれほど心配する必要はないかもしれません。

飛距離はロッドの長さ以外にもラインの太さやリールの糸巻き量などにも影響を受けます。

ランディングのしやすさですが、サーフで波打ち際からヒラメを引きずり上げやすくするためにはロッドの長さと溜めをうまく利用する必要があります。

使いやすさと実用性を考慮するとヒラメルアーロッドとしてのロッド全長は10フィート前後が最適でしょう。

 

ロッドの重量

リールと合わせたトータルの重量を意識する必要がありますが、広いサーフを歩き回りながらキャスト繰り返すスタイルの多いヒラメのルアーフィッシングでは、使用するタックルは少しでも軽い方が身体への負担が当然少なくて済みます。

平均的に百数十グラムが多くモデルやメーカーが違うとロッド重量は数十グラム位違ってきます。

たかが数十グラムと思うかもしれませんが、長時間のキャストによる負担を侮っていけません。

ヒラメルアーロッドとしての重量は180g位を目安にすればいいでしょう。

当然ですが、ロッド全長やリールシートの素材の違いによって重量は変わりますし、高価なロッドほど軽量化されています。

 

ロッドパワーとテーパー

ロッドパワーとは簡単に説明するとどれ位の重量のルアーをキャストするこができるかということです。

ヒラメルアーでは17グラム位を主体に、時には30グラムを超えるメタルジグなどをキャストする場合もあるのでロッドパワーはミディアムライトまたはミディアムが適当でしょう。

また、上手くヒットさせるためにはロッドパワーだけでなく「乗せやすさ」も考慮しなければいけません。

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ