サーフヒラメのルアータックル(リール)通販購入時のポイント



スポンサーリンク


この記事ではヒラメルアータックルの中からサーフヒラメのルアーフィッシングで使用するリールについて見ていきたいと思います。

ヒラメのルアー仕掛けがまだの方は「ヒラメのルアー仕掛け」も合わせてご覧ください。

今回はこれからヒラメのルアーをはじめようと思っている方に向けて、通販でリールを購入するときに考慮したいポイントをお伝えします。

 

ヒラメリールの適性を考える

ヒラメのルアーフィッシングをする上で考慮しておきたいヒラメリールの適正をいくつかの側面から見ていきましょう。

これらを見るとシーバスフィッシングで使用するリールが十分に通用することも分かると思います。

 

リールのサイズ

サーフのルアーフィッシングで使用するヒラメリールのサイズ(番手)は、10フィートあたりのロッドを使うのであれば3000番~4000番がバランスも良く最適です。

ダイワなら3000番、シマノなら4000番の中から選択すればいいのではないでしょうか。

 

リールの重量

サーフを歩き回りながらキャストを繰り返すので身体への負担軽減のためになるべく軽いリールを使いたいところです。

リール重量は主にリールのサイズとボディーの材質によって決まってきますが、コストパフォーマンスを考慮してリールを選ぶのであれば300g、できれば250gあたりを判断の目安にしてみればいいと思います。

 

リールのギア比

サーフでのルアーフィッシングではルアーのリトリーブと回収を早く行いたいことが多いので、基本的にハイギアのリールをチョイスする場合が多いです。

ギア比が5.6や5.8などのハイギア仕様のリールっをチョイスの目安にしましょう。

 

リールの機能性

ヒラメリールにストックするラインはPEラインが一般的です。

PEラインは同じ引っ張り強度の他のラインに比べて細く遠投に非常に有利です。

ただラインが細くなるとライントラブルも増えてくるので(しかもPEラインは繊維なのでめちゃくちゃ柔らかい)、ダイワのABSスプールやシマノのAR-Cスプールなど飛距離向上とライントラブル軽減を両立するシステムを搭載したリールを選びたいです。

あと、ソルトウォーターフィッシングでは、砂や塩分からリールを保護するためにソルト対応であることが必須です。

 

リールのドラグ性能

海の青物と違ってヒラメはそれほど走る魚ではありませんのでドラグ性能はそれほど重要ではないかも知れませんが、大型になるとかなりの重量になるのである程度のドラグ力は確保しておきたいところです。

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ