エギングロッドの硬さ長さ重さ購入時のポイント



スポンサーリンク


この記事では、これからエギングをはじめようと思っている方に向けて、エギングロッドを通販で購入するときに考慮しておきたいポイントについてお伝えします。

アオリイカのルアー仕掛けについてまだの方は「エギング仕掛け」の記事も合わせてご覧ください。

 

エギングロッドの適性と選び方のポイント

ロッドの全長・自重・硬さ・ガイドの4つの観点からエギングロッドの適性を見てみましょう。

 

エギングロッドの長さ

エギングロッドの長さは8~9フィートがポピュラーですが、遠投性能や釣り場のシチュエーションを考慮してロッド長を選択する必要があります。

一般的にロッドが長くなれば遠投性に優れますが取り回しの点で不便になりやすいですし短ければその反対のことが言えます。

テトラポット帯や防波堤など高所からの場合は長いロッドの方が有利ですし、足場の悪い場所などでは逆に長いロッドは不便に感じることもあるので若干短めのロッドを選択した方が楽といったこともあります。

自分のメインとするフィールドがどのような場所で、どれくらいの遠投が必要なのかなどをある程度考慮して選ぶようにしましょう。

そういう意味ではエギングロッドの8~9フィートという長さは、比較的オールマイティーでいろいろな場面に対応できる長さといえるのではないでしょうか。

エギング初心者が選ぶのであれば8フィート6インチを基本にして使用する場所や攻め方に応じて長さを若干短め長めなどしてみてはいかかでしょうか。

 

エギングロッドの重さ

エギングはエギを生きたエサに見せるためロッドのシャクリを連発します。

ルアーフィッシングでもキャストを頻繁に繰り返す必要がありますが、エギングではこれに加えてロッドでの誘いを多用するため身体と腕の負担軽減を考慮してなるべく軽いロッドを使いたいところです。

使用するリールとのバランスも視野に入れる必要がありますがエギングロッドの自重は120gあたりが一般的な目安だと思います。

価格が高価になるほど製法や使用される材質が違ってくるので軽くなる傾向にあるので、ロッドの自重については予算と相談してその中で出せる一番高価なロッドで決定するといいと思います。

 

エギングロッドの硬さ

エギングロッドで特に気にしたいのがロッドの硬さです。

遠投性性能から考えると硬さを優先するより柔軟でしなりが効くロッドの方が有利です。

エギングはロッドのシャクリでエギを水中で躍らせる必要がありますが、ロッドのアクションをエギに効率よく伝達させるためにバットパワーがあって全体的に硬めのロッドの方が有利といえます。

ロッドのブランクスが柔軟過ぎると一生懸命しゃくってもその動きがエギまで伝わらずに疲労ばかりということにもなりかねませんし、エギを抱えたアオリイカのアタリの捉えやすさの意味でも不利になることもあります。

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ