エギングリールの通販おすすめとチェックポイント



スポンサーリンク


この記事では、これからエギングをはじめようと思っている方に向けて、エギングリールのおすすめと通販で購入するときに考慮したいチェックポイントについてお伝えします。

アオリイカのルアー仕掛けについてまだの方は「エギングの仕掛け」も合わせてご覧ください。

 

エギングリールの適性と選び方

リールのサイズ・ドラグ・ハンドルの3つの観点からエギングリールの適性をチェックしてみましょう。

この観点とは違いますが、ソルトウォーターフィッシングではリールがソルト対応であることは必須です。

最近のスピニングリールはソルト対応であることが多いのであまり気にする必要はないかもしれませんが、購入しようとする機種が「ソルト対応」かどうかの確認は念のためするようにした方がいいです。

 

エギングリールのサイズ

サイズとはまずリール自体の大きさ(番手)です。

スピニングリールの大きさを表す指標として「番手」が一般的に使われるのですが、エギングリールではロッドとのバランス、ラインキャパ、重さなどの観点から2000~3000番が適切なサイズとなります。

この範囲で、ダイワなら2500番、シマノなら3000番あたりを目安に選択すればいいと思います。

次にエギをキャストしてシャクリを繰り返すエギングではリールの「自重」も重要になってくるでしょう。

高価なリールほど使用される素材が軽く丈夫になってくる部分はありますが、エギングリールとしては250g以下が疲労感も少なくロッドとのバランスもいいと思います。

 

エギングリールのドラグ性能

秋シーズンのアオリイカは型が小さいのでドラグ性能はそれほど重要ではないかもしれませんが、春シーズンの成熟したアオリイカは2kg、3kgを超える大型に成長するものもいます。

モンスター級のアオリイカの場合、魚のようなスピードは無いものの結構なパワーでラインが引き出されることもしばしばです。

こういったアオリイカに対応するには相応のドラグ性能を備えていないと太刀打ちできないので、最大ドラグ力7kg以上は欲しいところです。

あと、エギングロッドをシャクった時の荷重に負けてラインが引き出されてしまうようなドラグ性能のエギングリールとしては避けるようにしたいです。これでは釣りになりません。

 

エギングリールのハンドル

エギングリールはシングルハンドルではなくダブルハンドルが搭載されることが多いです。

これはキャストの後やシャクリの途中などで発生する糸ふけ(釣り糸のたるみ)を素早く解消できるようにするためです。

糸ふけを解消するときロッドとは反対の手でハンドルを弾くようにすることがありますが、シングルハンドルよりハンドルが2つあった方がハンドルへのアクセスがしやすいというわけです。

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ