アジングロッド1本目は柔軟のソリッドか感度のチューブラーか?



スポンサーリンク


アジングの道具と仕掛けの記事の中でアジングロッドの感度の重要性について少し触れましたが、今回の記事ではアジングロッドを選ぶ際の重要なポイント、ソリッドチューブラーについて掘り下げてみたいと思います。

アジングの道具仕掛けの記事がまだの方は、こちらも合わせてご覧になってみてください。

アジのルアー釣り(アジング)の道具と仕掛け-ロッドの感度が最重要!

 

記事の最後に、アジングロッドのおすすめについてもご紹介します。

 

アジングロッド3つのテーパーアクション

アジングロッドには次にあげる3つのテーパーアクション(竿の曲がり方)があります。

それぞれの特徴について簡単に説明してみます。

 

掛け調子のアジングロッド

アジがルアーを咥えた瞬間に掛ける(フッキング)タイプのテーパーアクションのアジングロッドです。

ロッドの先端はチューブラー構造(中身が筒状)が一般的で、アジがルアーを咥えたタイミングで掛ける必要があるため超高感度でロッド全体のハリが求められます。

アジがルアーを咥えた瞬間に掛けることができれば、口の堅い部分に針がかかるのでバレにくいという特製があります。

 

乗せ調子のアジングロッド

アジがルアーを咥えて反転運動をした時に掛けるタイプのテーパーアクションです。

反転運動によって掛かった場合、口の弱い部分に掛かることが多く、バラシを軽減するためにアジの動きに合わせてロッド全体がしなやかに曲がり動きに追従できる必要があります。

ロッド先端はソリッド構造(中身が詰まった)が一般的です。

 

乗せ掛け調子のアジングロッド

掛け調子のアジングロッドはロッド先端がチューブラー構造でハリがあり感度が良いが曲がりにくいという特徴があります。

一方乗せ調子のアジングロッドはソリッド構造、柔軟で良く曲がるが感度が良くないという特徴があります。

これら両者の特徴を併せ持つ「乗せ掛け調子」のアジングロッドが登場しつつあります。

タイプとしては次の2種類に分かれてきます。

これは、ロッド先端がソリッド構造で柔軟だけど全体的にハリを持たせて感度を向上させたもの。

そして、チューブラー構造でハリがあるけど全体的に柔軟性を持たせた2種類が存在します。

 

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ