【堤防ウキ釣り仕掛けの基本】これで広範囲にタナも探れる

海の堤防や防波堤でウキ釣りをするとき、もっと深いタナ(魚のいる水深)を探りたいということが良くあります。ウキからエサまでを長くすればいいだけですが、一般的に、通常の固定式のウキ釣り仕掛けでは、釣竿よりもタナを長く(深く)設定することは、いろんな面で釣り自体を難しくするものです。そんな時に便利なのが誘導式ウキ釣り仕掛け。この記事では、堤防のウキ釣り仕掛けの基本と、堤防ウキ釣りで機能的な誘導性ウキ仕掛けについてお伝えします。

 

< スポンサーリンク >

固定式以外の堤防のウキ釣り仕掛け

堤防のウキ釣りで、ポピュラーに使われるのが固定式のウキ釣り仕掛け。単純に道糸に通したゴム管にウキを差すシンプルな仕掛けで、タナ(水深)を変えるときは、ゴム管を道糸上を移動させることで目的の長さに調整する、いわゆる普通のウキ釣り仕掛けです。

 

固定式ウキ釣り仕掛けは、シンプルで作りやすいというメリットがありますが、つり竿(に結んだ道糸)を超える長さに、タナを設定できないというデメリットもあります。実際には、ウキと竿先(穂先)の道糸に遊びが必要なのでそれ以下ということになります。

堤防のウキ釣り仕掛け 固定式ウキ釣り仕掛けのデメリット1

 

堤防万能竿にスピニングリールを組み合わせたタックルなら、道糸の長さを自由に変えられるので、つり竿(に結んだ道糸)を超える長さにもある程度は対応できますが、つり竿の長さを超える道糸をエサ付けのたびに、または魚が釣れるたびに、たくし上げるというのでは、面倒でとてもやってられるものではないでしょう。

 

堤防のウキ釣り仕掛けの場合、堤防から水面までが高いことも多く、特にのべ竿を使った固定式ウキ釣り仕掛けで顕著に。タナ設定を長くし過ぎると堤防の上から道糸が足りなくなるので相当長い竿を使う必要なども出てきます。これでは、操作性も悪く、すぐに疲れてしまったり、ライントラブルのもとにもなりがちです。

堤防のウキ釣り仕掛け 固定式ウキ釣り仕掛けのデメリット2

 

堤防で固定式ウキ釣り仕掛けでカバーできない、そんな時に、とても重宝する柔軟性のあるウキ釣り仕掛けが、誘導式ウキ釣り仕掛けというわけです。

 



堤防ウキ釣りで優れた探索性の誘導性ウキ仕掛け

誘導式ウキ釣り仕掛けのメリット

堤防のウキ釣り仕掛けで、優れた探索性能を発揮する誘導式ウキ釣り仕掛け。なにかどんなふうに優れているのかというと、簡単にいうと、タナ(ウキ下)の長さを柔軟かつ竿の長さ以上に設定できる点です。つまり、魚の反応が鈍いときや魚種によっては居付く深さがある程度決まっていたりします。そんな場合にタナを自由に変更できるわけです。しかも、タナを変更するために仕掛け一旦カットしなければいけないということもないんです。

 

これらのメリットは非常に大きいです。タナを広範囲に設定できるということは、表層近くから海底までのターゲットを攻略できるということ(もちろん、仕掛けやエサはターゲットに合わせる必要はある)。仕掛けの付け直しが無いということは楽で、それだけ手返しが良くなり釣果にも影響する可能性があるということです。特に、堤防のウキ釣りに限らず海の釣りでは、時合といって魚の釣れる時間帯に効率よく攻めることができるかどうかで、釣果に大きな差が出てくるからです。

堤防ウキ釣りで優れた探索性の誘導性ウキ仕掛け

 

誘導式ウキ釣り仕掛けの原理

誘導式ウキ釣り仕掛けの原理は、ウキ自体が誘導式、中通し式だったりリングが付いていて、道糸上を上下に自由に移動できるということ。そして、道糸上に取り付けたウキ止めゴムがストッパーの役目となることで、誘導式ウキは、ウキ止めゴムからヨリモドシまでの間を自由に移動できるようになります。ウキ止めゴム(ゴムでないものもある)は、道糸上に取り付けるものの小さいので、ガイドを超えてリールに巻き取ることができるようになっています。また、誘導式ウキはヨリモドシの位置まで滑り戻ってきます。この仕組みによって、普通に仕掛けの回収ができ、また、堤防から仕掛け投入した時は、ウキ止ゴムの場所で誘導式ウキが止まるようになります。

堤防のウキ釣り仕掛け 誘導式ウキ釣り仕掛けの原理

 

誘導式ウキ釣り仕掛けのキモ

誘導式ウキ釣り仕掛けを使うときのキモは、道糸に取り付けるウキ止めゴムの締め具合です。強く締めすぎると滑りが悪くなるのでタナ変更を難しくする可能性があり、例えば、かじかむ手でウキ止めゴムの位置を変える場合にイライラにつながるかもしれません。また、必要以上に緩いと、例えば、ウキ止めゴムまで移動して来たウキによって簡単に移動してしまうため、せっかく設定したタナが簡単にズレてしまいます。ウキ止めゴムには、紐状のものやワンタッチ式などがあります。初心者なら、簡単に取り付けられるワンタッチ式からやってみるのが良いかもしれません。

堤防のウキ釣り仕掛け 誘導式ウキ釣り仕掛け 働き

 

このように、堤防ウキ釣りの定番ともいえる誘導式ウキ釣り仕掛けには、大きなメリットがあるので、これまで固定式のウキ釣り仕掛けしかやってきてなかったということなら、この機会にぜひ、堤防のウキ釣りのレパートリーに誘導式ウキ釣り仕掛けをプラスしてみるといいかもしれません。

 

>> 誘導式ウキを調べてみる <<

 

>> ウキ止めゴムをサイトで調べてみる <<

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ