釣りの服装ってどんなの?



スポンサーリンク


釣りの服装ってどんなものを着て行けばいいのか意外と難しいですよね。

これは釣りを趣味にしている人ですら悩ましいときがあるんですよね。

特に彼氏や彼女と出かけるときはなおさらです。

そこで、今回は釣に出かける時の服装について少し考えてみたいと思います。

 

釣りの服装を結論か言ってしまうと・・・

結論をいってしまえば「それなりの服装」で、以上。

・・・っておい、それじゃ話が終わってしまうやんっ。(笑)

海の沖釣りや磯釣り、フライフィッシングや本格的なルアーフィッシングなど本格的にやろうと思うと、釣り専用のいろんな装備が必要になってきますが、釣りを手軽に楽しむ程度なら、それほど神経質にならずに基本的に自由に決めても問題はないと思います。

じゃ本当に何でも自由に決めちゃっていいのか?というと、「いやいやちょっと待てよぉ~」という事柄がいくつかあるんです。

次の項で最低限考慮すべき事柄について見ていきましょう。

 

釣りの服装考慮すべきは快適性と安全性

例えばハイキングや山登りに出かけるとき想像してみてください。

山に登るなら保温性が高く汗を効率よく発散するジャケット、ケガや虫刺されを防ぐために長袖や長ズボンなどいろいろなものが考えられますよね。

これと同じように釣りを安全かつ快適に楽しむためには、あくまでも「季節や天候に合わせた動きやすい服装」が基本になりますが最低限考えておきたいいくつかの事柄があります。

 

日焼けや寒さ対策

気候に合わせた釣りの服装これは改めて取り上げる必要もないかも知れませんが、例えば夏の海水浴の砂浜でつい日焼けし過ぎちゃったという経験はありませんか?

釣りは長時間を外で過すので日焼けや寒さ対策には十分気を付けないと釣りどころじゃなくなる場合があります。

真夏で暑いからといってタンクトップ一丁では、あとで大変なことになっちゃいますよ。

夏場であっても、なるべく肌を露出させない工夫日焼け止めなどの対策を、冬場であれば現地で体温調節できる工夫が必要です。特に冬場は足元からハンパなく冷えます

これを怠ったために釣りがキライになってしまったりしらもったいないです。

 

帽子(キャップ)の着用

釣り具 帽子(キャップ)夏場は熱中症や熱射病の予防のためにもちろん必要です。

じゃ、他の季節は?って話ですが、安全面から帽子は常に着用した方がいいです。

ご存知のように、釣りは鋭い釣バリを使いますよね。

何かの拍子に釣バリが自分にめがけて飛んでくるかもしれませんよ。

 

サングラス(釣り用サングラス)の着用

偏光グラスファッションの一部としてのコーディネートはもちろんですが、サングラスも「目の保護」の観点から着用したほうがベターです。

水面を照らす日光の反射を長時間見続けることは目にとってもよくないですし、これを遮ることでウキや仕掛けなども見やすくなります。

 

シューズ(履き物)

ウェーディングシューズ履き物はある意味一番重要かもしれません。

路面整備された海釣り公園などの施設では比較的安心ですが、人が釣り場で直接的に触れる地面は石がゴツゴルして歩きにくかったり、濡れていたりコケが生えていたりして滑りやすくなっている場合が多く、ファッションコーディネートを重視しすぎると、文字通り痛い目をみることになりかねません。

歩きやすく滑りにくい、できれば防水性も考慮したものを選択した方がいいです。

安全の面から考えて、間違っても真夏だからといってビーチサンダルで釣り場に入るようなことは避けしょう。

 

雨具(レインウェア)

ウェーディングジャケット釣りは常に手で道具を扱いますよね?

だから普通の雨傘を用意しても意味がありません。

突然の雨でも対応できるレインジャケットなどは季節問わず必携でしょう。真夏でも雨にぬれると寒いです。

 

ライフジャケット

ライフジャケット水難事故に合わないための装備として、近年ライフジャケットの着用が強く推奨されています。

まぁ、海釣り公園や管理釣り場では必須ではないですが、船釣りなどでは着用が義務付けられています。

昔のオレンジ色の救助用ライフジャケットとは違い、最近はファッショナブルなものも増えてきていますね。

これは釣り場環境に合わせて、ご自身で判断すればいいと思います。

 

フィッシングベスト・その他

フィッシングベスト仕掛けや釣り糸やオモリと何かと小物を多く扱うので、こういったものを携行できるポケットがたくさん付いたフィッシングベストもあると便利かも知れません。

また、手の平を保護する釣り用のグローブは防寒対策としても有効です。冬場の釣りでは、これをしてるのとしてないのとでは雲泥の差があります。

ただ、釣りを手軽に楽しみたい初心者さんの場合、これらは必須ではないので、より快適に楽しむためのアイテムとしてこんなものもあるんだなくらいに覚えておけばいいです。(釣りのジャンルによってはこれが必須になってくる場合もあります)

 

虫よけ対策

服装ではないですが、虫よけスプレーや刺された時の塗り薬など一般的な虫よけ対策を考えればOKだと思います。

 

釣りの服装をまとめるとこんな感じです。

・季節や天候に合わせた動きやすい服装をベースに。
・暑さ寒さ対策は万全に。
・頭と目の保護のことも考慮する。
・履き物は見た目より機能性を重視する。
・雨具は必須。
・ライフジャケット・フィッシングベストは可能であれば。(ジャンルに合わせる)
・虫よけ対策も意外と重要。

 

今回は、釣りの服装について考えてみました。

以上のことを考慮しながら釣りの服装をカッコよくコーディネートしちゃいましょう。(^^)

 

スポンサーリンク


楽天釣り市場 ▲▲もう説明不要!ご存知の楽天でお好きなだけ!▲▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム ▲▲お得なキャンペーン中!乗り遅れるなぁ!▲▲


釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック ▲▲ あなたの彼女、紫外線対策は大丈夫? ▲▲


釣具のネット通販で究極的に得する方法!実質0円も夢じゃない? ▲▲ 釣具のネット通販で究極的に得をする?!実質0円も夢じゃない? ▲▲



▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ




スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

ロゴス ワンタッチキューブテント
オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ

このページの先頭へ