渓流や管理釣り場のマス釣りのルアー仕掛けと道具



スポンサーリンク


今回はマス釣りのルアー仕掛けと必要な道具についてお伝えしていきたいと思います。

渓流や管理釣り場では、ニジマス、ヤマメ、イワナなどのマス釣りが楽しめますが、こういった魚を釣る場合、まず初めにルアーやフライなどの疑似餌を使って釣るのか、餌(エサ)釣りをするのかを決める必要があります。

また、近年人気のある管理釣り場などでは、ルアー・フライの区画と、餌(エサ)釣りの区画が分かれていることが多いので、釣り場の事前確認も必要になるでしょう。

渓流 管理釣り場 マス釣り ルアー仕掛け 道具

 

ルアーのマス釣りに必要な道具

マス釣りのルアー仕掛けを説明する前に、必要な道具について確認してみましょう。

基本的にマスのルアー釣りでは1g~5g程度の軽いルアーを使用することが多いため、軽いルアーでも投げることができるスピニングタックルを使うのが一般的です。

初心者の方には、トラウトロッド、リール、釣り糸などがセットになったトラウト入門セットなどもあります。

 

ロッド(釣竿)

ルアーロッドの基礎長さが比較的短い5~6ft(1.5~1.8m)のトラウト用スピニングロッドで、ロッドパワーは柔らかいウルトラライト(UL)ライトアクション(L)を選ぶと良いです。

継数は1ピースでも問題ありませんが携行性を考えると2ピースか3ピースが取り扱いやすくていいと思います。

グリップはコルクでも、EVAと呼ばれるビーチサンダルなどで使用される素材でもOKです(好みで選びましょう)。

 

 

リール

スピニングリール・スピニングロッドルアーでのマス釣りでは、1000番~1500番の小型スピニングリールで、ドラグ性能が良いものを選ぶようにしましょう。

リールには、ナイロンラインまたはフロロカーボンライン3~6lb(*)の細いラインを100m程ストッしておけば問題ありません。

(*):ラインの強度はポンドで表記されることが多いです。(1ポンド=約0.45kg)

 

 

その他、無くてもいいけどあると便利なもの

ランディングネット 釣り具ラインをカットするハサミ、偏光サングラス、帽子、ハリ外し・・・など最低限必要なもの以外には、魚をすくう網(ランディングネットといいます)は、特に魚をリリースする場合には必須の道具です。

魚に手を直接触れずに済むため魚へのダメージが少なく済みます。

低水温の環境に住むマス達にとって、人の手は高温過ぎて火傷を負わせてしまうと考えられています。

管理釣り場で、持ち帰り用に魚をストックしておく場合はビクなどがあると便利ですね。また、魚を捌くナイフや氷づめにできる発布スチロール製の容器などを必要に応じて準備しておきましょう。

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ