釣り糸の結び方-内掛け結びの別のやり方

内掛け結びには2通りのやり方があります。

以前、釣り糸を釣バリに結ぶ方法として「内掛け結び」を紹介しましたが、結び方がやりにくい場合は、今回ご紹介する方法を試してみてください。

やり方は少し違いますが、同じようにほどけにくく釣り糸を釣バリにしっかりと結びつけることができます。

フライなどラインアイ(釣り糸を結ぶ金属の輪)があればクリンチノットやユニノットを使用して結ぶことがことができますが、ラインアイが無い釣バリの場合は、こういった結び方は使用できません。

あらかじめハリスが結ばれた釣バリを購入するのも悪くありませんが、どうしても自分で釣り糸を釣バリに結ばなければ行けない場合も出てくるかも知れません。

その時のために釣バリにハリスを結ぶ方法を覚えておくと安心です。

 

前回の「内掛け結び」の方法については、下記の記事をご覧ください。

釣り糸の結び方-よりほどけにくい針と糸の接続方法!内掛け結びを覚えよう!

 

それでは、内掛け結びの結び方を説明していきたいと思います。

< スポンサーリンク >

内掛け結びの用途

ラインアイの無い釣バリに釣り糸を結ぶ場合に使用し、外掛け結びよりしっかりとしたハリ結びが必要な場合に使用します。

 



内掛け結びの特徴

内掛け結びのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

 

メリット

・外掛け結びよりほどけにくい。

・外掛け結びより結びの締まりが強靭。

 

デメリット

・外掛け結びより若干面倒。

 

もう一つの内掛け結びの方法

内掛け結びの方法ですが、ここでは釣バリの各部の名称に関しては正しい名称で説明せず、釣バリの頭、お尻などの表現で説明しています。

釣バリの頭:釣バリを立てて見た時に上になる部分

釣バリのお尻:釣針を立てて見た時に下になる部分

 

内掛け結び-手順11.メインラインを釣バリに沿わせ大きめのループを作る。

 

 

 

内掛け結び-手順2

2.釣バリのお尻側のラインと釣バリを指で抑えて、頭側のループを持って釣バリの頭側に向かって5回以上巻きつける。(ループを1回巻きつける度にメインラインをループから抜くようにしてください)

 

 

内掛け結び-手順3

3.巻きつけた部分を指で抑えながらメインラインをゆっくり90%程度引き締める。

 

 

 

内掛け結び-手順4

4.メインラインを釣バリの内側に回転させる。(ズレていれば)

 

 

 

内掛け結び-手順5

5.結び目を釣バリの頭側にズラす。

 

 

 

内掛け結び-手順6

6.メインラインとライン先端を左右に引いてしっかり絞め込む。 (※)

 

 

 

内掛け結び-完成

7.余分をカットして完成。

 

 

 

(※):結び目を絞め込む時は唾液や水で湿らせて摩擦熱による劣化を防ぐようにします。

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲


アマゾンで釣り用品を探す
▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ