釣り糸の結び方-ループノットでラインアイに直接結ぶ

今回紹介する結び方はループノットです。

ルアーやフライにラインを結ぶ方法にはいろいろありますが、結び目がアイに密着するようなクリンチノットの場合、スプリットリングが無いと結び目の締め付けによりルアーの動きを妨げてしまうことにもなります。

これを回避するための結び方としてユニノットなどアイと結び目の間に隙間を開けて結ぶやり方がありますが、接続の強度的に不安がある場合には、今回ご紹介するループノットを是非お試しください。

結び方の手順が若干面倒になりますが接続強度は折り紙つきです。

面倒といっても、それほど手順が増えるわけではなく、慣れてしまえばそれほど難しい結び方ではありませんので、釣り糸の結び方のレパートリーとして覚えておくのも悪くないですよ。

ユニノットの方法については、下記の記事を参照してくださく。

釣り糸の結び方-ユニノットで簡単にルアーやフライなどを結ぶ

 

それでは、さっそくループノットの結び方の説明をしていきましょう。

< スポンサーリンク >

ループノットの用途

ルアーやフライのラインアイに直接ラインを結ぶ場合に、ルアーやフライの動きを妨げたくない時に使用します。

また、ユニノットなどでは接続強度に不安がある場合などに試してみましょう。

 



ループノットの特徴

それではここで、ループノットの特徴を簡単に列挙してみましょう。

 

メリット

・信頼の接続強度。

・アイと結び目の間に遊びがあるためルアーやフライの動きを妨げない。

 

デメリット

・結び方の手順に若干手間が増える。

 

ループノッの方法

ループノットの方法を手順に沿って説明していきます。

ループノット-手順11.ラインの15cm程度のところに片結びを緩く作る。

 

 

 

ループノット-手順2

2.ラインの先端をルアーのアイに通す。

 

 

 

ループノット-手順3

3.ラインの先端を手順1.の輪に通す。

 

 

 

ループノット-手順4

4.手順1.の片結びを緩く絞めてアイ側でいったん固定しておく。

 

 

 

ループノット-手順5

5.アイから1cm以上離れたところにラインの先端部でメインラインと一緒にユニノットを3,4回行う。

 

 

 

ループノット-手順5

 

 

 

 

ループノット-手順6

6.手順4.の結び目と手順5.の結び目を絞め込みながらくっつけ、2つの結び目がアイから1cm位になるように調整する。 (※)

 

 

 

ループノット-手順7

7.結び目を更に補強する場合は、ラインの先端部でメインラインに対してハーフヒッチを5,6回行う。

 

 

 

ループノット-手順7

 

 

 

 

ループノット-完成

8.ラインの余分をカットして完成。

 

 

 

(※):結び目を絞め込む時は唾液や水で湿らせて摩擦熱による劣化を防ぐようにします。

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲


アマゾンで釣り用品を探す
▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ