釣り糸の結び方-ユニノットで簡単にルアーやフライなどを結ぶ

ユニノットとは、ルアーやフライのアイ(※)、スイベルなどに釣り糸を結びつけるときに使用する釣り糸の結び方で、クリンチノットと並んで簡単でポピュラーな結び方です。

今回は、クリンチノットには無いユニノットのメリットも交えてお伝えしていきたいと思います。

この方法も、いろんな場面で使える釣り糸の結び方ですので是非覚えておきましょう。

(※):アイとは「愛」ではなく、ルアーやフライにフックを取り付けたり釣り糸を結ぶために付いている金属の輪状の部分のことを言います。

< スポンサーリンク >

ユニノットの用途

主にルアーやフライ、スイベルなどの金属の輪っかがあるものに結びつける時に使用します。

 



ユニノットの特徴

ユニノットのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

 

メリット

・簡単で手軽に結ぶことができる。

・結び目のループ部分の遊びがアワセの時のクッションになるのでライン切れを軽減できる。

・結び目のループ部分の遊びによりルアーやフライが自由に動きやすい。

 

デメリット

・強いアワセで結び目が締まることでラインが切れる恐れがある。

・結ぶときに糸の余分が多く必要なので無駄な糸が出やすい。

 

ユニノットの方法

ここでは例として、ユニノットでルアーを結ぶ方法を説明しています。

 

ユニノット手順11.ルアーのアイに釣り糸を20cmほど通して折り返す。

 

 

 

ユニノット手順22.釣り糸の先端側を10cm程折り返して輪を作る。

 

 

 

ユニノット手順43.作った輪に先端を3,4回くぐらせる。

 

 

 

ユニノット手順44.先端を引いて軽く絞める。

 

 

 

ユニノット手順55.メインの釣り糸を引いて結び目をアイ側にスライドさせる。

 

 

 

ユニノット完成6.適度な遊びを残して先端側を引き強く絞める。(※)

 

7.余分をカットして完成。

 

(※):遊びは取り付けるルアーのサイズに合わせて広くなり過ぎない程度にしましょう。

ユニノットは手軽で簡単な割にとても便利で強度に優れた結び方ですので、是非マスターして活用してくださいね。

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ