釣り糸の結び方-ダブルラインで輪を作るには三つ編み結び(プレイテッドスプライス)

今回紹介する三つ編み結び(プレイテッドスプライス)は、PEラインなどをダブルラインで輪っかを作る場合に有効な方法です。

エイトノットでは結び目がほどけやすかったり、結び目に負荷が集中してライン切れを起こしたりする可能性がありますが、三つ編み結び(プレイテッドスプライス)を使うことで、結び目の負荷を上手く分散させライン切れのしにくい丈夫な結び方が可能です。

それでは、さっそく三つ編み結び(プレイテッド・スプライス)の結び方の説明をしてきましょう。

 

ダブルラインで輪を作る別の方法、ビミニツイストについては、こちらの記事を参照してください。

釣り糸の結び方-ダブルラインで輪を作るビミニツイストは信頼性抜群!

< スポンサーリンク >

三つ編み結び(プレイテッドスプライス)の用途

ソルトルアーフィッシングなどで、PEラインでダブルラインの輪を作る場合に使用します。

ダブルラインで作る結び方は、信頼性が高くソルトルアーフィッシングのラインシステムに不可欠なものですので是非マスターしましょう。

 



三つ編み結び(プレイテッドスプライス)の特徴

三つ編み結び(プレイテッドスプライス)のメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

 

メリット

・結び強度が比較的高い。

・結びめ負荷を分散させライン切れを軽減できる。

 

デメリット

・編み込みの手間がかかる。

 

三つ編み結び(プレイテッドスプライス)の方法

三つ編み結びの方法ですが、ポイントは、編み込み作業中は一回一回緩まないように、常に一定のテンションをかけながら編み込んでいくことで丈夫でキレイな仕上がりになります。

 

三つ編み結び-手順11.写真のように30cm程度のループを作る。

 

 

 

三つ編み結び-手順2

2.中央のラインをまたいで一番右側のラインを中央へ編み込む。

 

 

 

三つ編み結び-手順3

3.手順2のラインをまたいで一番左側のラインを中央へ編み込む。

 

 

 

三つ編み結び-手順4

4.手順2,3を繰り返し長さ5cm位になるまで三つ編みを行う。

 

 

 

三つ編み結び-手順5

5.ライン先端側でダブルラインの一方に対して1回ハーフヒッチする。

 

 

 

三つ編み結び-手順6

6.ライン先端側でダブルラインの2本まとめて1回ハーフヒッチする。

 

 

 

三つ編み結び-手順7

7.ライン先端側でダブルラインに3~5回絡める。

 

 

 

三つ編み結び-手順8

8.ダブルラインを引っ張りながらライン先端側をゆっくり引き絞める。(※)

 

 

 

三つ編み結び-完成

9.余分をカットして完成。

 

 

 

(※):結び目を絞め込む時は唾液や水で湿らせて摩擦熱による劣化を防ぐようにします。

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ