段差を解消する車中泊マットの必要性

今回は快適な釣りをサポートする快適グッズ「車中泊マットについて考えてみます。

ところで釣りやレジャーで車中での仮眠、宿泊ってどうしてますか?

< スポンサーリンク >

車中泊マットでの段差解消の必要性

車中泊マット onlystyle釣りって早朝や夕刻のマヅメの時間帯を狙って行くことが多いので釣り場までの移動は専ら車でということも多いと思います。

マヅメ狙いだと、いいポイントの争奪戦になることもしばしばなので、相当早く自宅を出たり、場合によっては前日から現地に到着する必要も出てきますよね。

この場合、釣り場に到着してから支度を開始するまでかなりの空き時間がある、なんてこともよくあることです。

車中泊や仮眠を取りたいと思っても車のシートで寝るのって結構ツライものです。

車のシートを倒しても完全なフラットにすることは難しくシートの段差は必ずできるし、シートの形状は反り返っていたり盛り上がっていたり・・・車中泊をしたことがある人なら、あの寝心地の悪いボコボコした上で寝るのって意外とツライことが想像できると思います。

そりゃそうですよねぇ。

もともと車のシートは座るために用意されているものであって寝るために設計されてるわけじゃないんですもん。

寝心地の悪いシートで車中泊・・・・、身体はガチガチ、休めたようで結局のところ質の高い休息や睡眠が取れず釣行中にはなんだか調子が悪い・・・・

こういう経験、私もあります。

釣りをおもいっきり楽しむためには快適な睡眠環境、休息環境の準備と体調管理が重要

身体をリフレッシュして万全の体調で釣行に臨むことで釣りを何倍も楽しむことができるでしょう。

じゃあ、どうするか?

シートの上にマットを敷くというのが一番お手軽でリーズナブルです。

 

>> 車中泊釣行必須!!車中泊専用マットで釣果UP! >>

 



車中泊マットって何でもいいの?

結論から言ってしまうとノーです。

 

寝心地の良さの条件

車中泊マットでの寝心地の良さの第一条件は「フラットであること」です。

シート上に敷いたマットがシートの段差を吸収して身体との接地面がフラットであることがとても重要になってきます。

マットを敷くことで痛さなどある程度の不快さを軽減できたとしても、シートの段差を吸収できなければ結局無理な態勢が続いてしまって身体への負担が大きいのです。

なのでシートの段差を十分に吸収できるマットの厚みが重要なファクターになります。

車中泊マット の厚さ

 

車中泊マットの厚さと固さ

車中泊マット コンパクトに収納一般的にアウトドア関連商品として販売されている車中泊マットは厚さ5cm位のものが多いと思いますが、マットの厚さが足りないとシートの段差を吸収しきれない

じゃ、厚ければいいのか?というと一概にそうとも言えないでしょう。

厚すぎるとかさばるばかりで、ただでさえ狭い車内空間を更に狭めることになりかねませんし、収納時のコンパクト性が悪いなど考えられます。

次にマットの厚さは十分だけど固さが足りないとどうかというと、身体が沈み過ぎたりして安定しないのでこれも良くありません。

使用時に安定感のある適度な固さとゴツゴツせずちゃんとシートの段差を解消できること、そして使用しないときはなるべくコンパクトにならないとダメですね。

 

車中泊マットの購入前に、以上の事柄をしっかりチェックして車のシートの段差をしっかり解消できるものを選ぶようにしましょう。

使い心地の良い車中泊マットがあれば車中泊も楽しくなります。

快適な休憩や睡眠でしっかり体力を回復してレジャーを思いっきり楽しんじゃいましょう。

>> 車中泊釣行必須!!車中泊専用マットで釣果UP! >>

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ