フィッシュグリップは必須?メバルやアジは素手で持つと痛い?



スポンサーリンク


メバリングやアジングで釣れるメバル・アジを素手で持つと痛いですか?という質問をもらったのでお答えします。『持ち方を間違えると痛い』です。どこに気をつければいいのかと、素手で持つずに済む、便利なフィッシュグリップ『ディノグリップ』をご紹介しましょう。

フィッシュグリップ メバル・アジ

 

メバルやアジにはフィッシュグリップは必須か?

メバリングやアジングのターゲットとなるメバルにアジ。これらの魚は、何も考えずに素手で持つと痛いんですが、今から説明することに気をつければそれほど心配する必要はありません。なので、メバルやアジを持つときにはフィッシュグリップは必須というわけではないです。

 

メバルやアジを持つときに気をつけること

根魚であるメバルは、基本海底の岩や海藻などの障害物を好む魚として有名ですが、メバルのような根魚には見た目の特徴ってあるんです。どんな特徴かというと、エラやヒレがに発達してゴツゴツしていてイカつい顔つき、まるで鎧をまとったような姿。岩にカモフラージュしたり、岩の隙間にも難なく入り込むのに役立っています。そんな容姿なわけなので、エラ周辺やヒレは堅い作りになっているため、うかつに素手で持つと痛いときがあります。

メバル

 

ではアジの方はというと、アジは群れを成して回遊する回遊魚です。長距離を泳ぐことができる引き締まったプロポーションとスピードが必要。このためメバルと違ってアジは、流線形でスレンダーな容姿をしていますよね。ウロコもほとんど存在しないわけですが、一点、尾ビレの付根から体側に沿って身体の両側に並んでいるゼイゴと呼ばれるウロコの一種は、鋭く尖ってるため、素手で持つと痛いです。痛さでいえばメバルより注意が必要で、もろに刺さると出血する場合もあります。

アジのゼイゴ

 

メバル・アジの持ち方はバス持ちがオススメ

メバルもアジも比較的、口が大きいので、親指または親指先を口に突っ込んで、魚の下くちびるを、突っ込んだ親指と人差し指の第1関節あたりでつまむように持つやり方があります。いわゆるバス持ちという方法です。ルアーフィッシングで人気の高いバスフィッシングでは、ブラックバスをこの方法で持つのが普通になっていて、口の大きな魚を持つ方法として定着しました。名前の由来は、ブラックバスを持つときの持ち方から来てるわけです。言うまでもなく、口が大きい魚全般に適用しません。歯の鋭いヒラメなどは、バス持ちすると指がボロボロになります。

 

スポンサーリンク


楽天釣り市場 ▲▲もう説明不要!ご存知の楽天でお好きなだけ!▲▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム ▲▲お得なキャンペーン中!乗り遅れるなぁ!▲▲


釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック ▲▲ あなたの彼女、紫外線対策は大丈夫? ▲▲


釣具のネット通販で究極的に得する方法!実質0円も夢じゃない? ▲▲ 釣具のネット通販で究極的に得をする?!実質0円も夢じゃない? ▲▲



▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ




スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

ロゴス ワンタッチキューブテント
オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ

このページの先頭へ