フィッシュグリップは必須?メバルやアジは素手で持つと痛い?

メバリングやアジングで釣れるメバル・アジを素手で持つと痛いですか?という質問をもらったのでお答えします。『持ち方を間違えると痛い』です。どこに気をつければいいのかと、素手で持つずに済む、便利なフィッシュグリップ『ディノグリップ』をご紹介しましょう。

フィッシュグリップ メバル・アジ

 

< スポンサーリンク >

メバルやアジにはフィッシュグリップは必須か?

メバリングやアジングのターゲットとなるメバルにアジ。これらの魚は、何も考えずに素手で持つと痛いんですが、今から説明することに気をつければそれほど心配する必要はありません。なので、メバルやアジを持つときにはフィッシュグリップは必須というわけではないです。

 

メバルやアジを持つときに気をつけること

根魚であるメバルは、基本海底の岩や海藻などの障害物を好む魚として有名ですが、メバルのような根魚には見た目の特徴ってあるんです。どんな特徴かというと、エラやヒレがに発達してゴツゴツしていてイカつい顔つき、まるで鎧をまとったような姿。岩にカモフラージュしたり、岩の隙間にも難なく入り込むのに役立っています。そんな容姿なわけなので、エラ周辺やヒレは堅い作りになっているため、うかつに素手で持つと痛いときがあります。

メバル

 

ではアジの方はというと、アジは群れを成して回遊する回遊魚です。長距離を泳ぐことができる引き締まったプロポーションとスピードが必要。このためメバルと違ってアジは、流線形でスレンダーな容姿をしていますよね。ウロコもほとんど存在しないわけですが、一点、尾ビレの付根から体側に沿って身体の両側に並んでいるゼイゴと呼ばれるウロコの一種は、鋭く尖ってるため、素手で持つと痛いです。痛さでいえばメバルより注意が必要で、もろに刺さると出血する場合もあります。

アジのゼイゴ

 

メバル・アジの持ち方はバス持ちがオススメ

メバルもアジも比較的、口が大きいので、親指または親指先を口に突っ込んで、魚の下くちびるを、突っ込んだ親指と人差し指の第1関節あたりでつまむように持つやり方があります。いわゆるバス持ちという方法です。ルアーフィッシングで人気の高いバスフィッシングでは、ブラックバスをこの方法で持つのが普通になっていて、口の大きな魚を持つ方法として定着しました。名前の由来は、ブラックバスを持つときの持ち方から来てるわけです。言うまでもなく、口が大きい魚全般に適用しません。歯の鋭いヒラメなどは、バス持ちすると指がボロボロになります。

 



素で持つと痛い時に便利なフィッシュグリップ

メバルやアジを持つときは、ちゅういすべき点が分かっていれば問題ないですが、例えば子供や女性を連れての釣行では心配な場合もあると思います。また、メバルやアジの歯は、それほど鋭くはないのでケガをすることは少ないと思いますが、指の皮膚をザラザラにするくらいのダメージは与えることがあります。

 

数釣りが見込めるメバルやアジ釣りでは、気づかないうちに指先が傷だらけってこともあったりするわけです。そんなときには、フィッシュグリップと呼ばれる魚を掴む道具が重宝します。今回、例として紹介するディノグリップも、そんなフィッシュグリップの一つ。

 

ディノグリップのホールド性

大きめのヘッドと牙のように並んだ突起でメバルやアジをしっかりホールドすることができます。バネ式で自動的にオープンするので、魚を持つときは握るだけで簡単。本体慮側に貼られた、滑り止めの役目も果たすシリコン素材でできた「DRESSロゴ」入のシールがホールド性をアップしています。ディノグリップはヘッド部分が大きめにできてるので、魚が小さ過ぎる場合、ちょっと掴みにくいかも知れませんが、慣れれば小さい魚でも掴むコツがわかってくるでしょう。

ディノグリップのホールド性ディノグリップ ドレスロゴシール

 

携帯性も配慮するディノグリップ

使わない時は、スライドロック式で勝手にオープンするのを防いでくれるます。ロック構造部分には、バッカンなどへのチョイ掛けに便利なフック付です。

ディノグリップ 携帯性も考慮

 

夜釣りの多いメバリングで抜群の視認性

ディノグリップの目玉的ポイント。ポキっと折るだけで蛍光色に光り出すケミホタル(50mmサイズ)が、ディノグリップ側面内側にジャストフィットします。夜釣りシーンが多いメバリングやアジングでうっかり置き忘れでも探す手間を大幅に軽減してくれます。取り付けは両面につけられるけど1つで十分でしょう。

ディノグリップとケミホタル

 

ウロコ取りにもディノグリップ

ヘッド部分の内側にある無数の突起でウロコも取れますよってことなんですが、この機能は、あまり過大評価しない方がいいかも知れません。普通に包丁を使った方が圧倒的に早いですが、一応取れるには取れます。むしろ、包丁でウロコ取るときに、メバルの顔をしっかりホールドするために使うのもありかもしれません。

ディノグリップでウロコ取り

 

  • 価格 : 1,800円(税抜)
  • 全長 : 約246mm(スライドロック時)
  • 重さ : 約84.5g
  • カラー : ライムグリーン/スカイブルー/イエロー/オレンジ/パープル/ソフトピンク/ブラック/レッド/ダークアース/レンジャーグリーン/ブルー/ピンク

 

今回、紹介したドレスのフィッシュグリップ、ディノグリップが気になったら、こちらのリンクから通販サイトへ行くことができます。

メバル・アジに便利なフィッシュグリップ
>> メバル・アジに便利なディノグリップ通販サイト <<

 

< スポンサーリンク >


▼この記事を読んだ人に人気の記事▼



釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲


アマゾンで釣り用品を探す
▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 

< スポンサーリンク >






釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ