【釣りの防寒対策】ネックウォーマーとグローブについて考える



スポンサーリンク


釣りの防寒にグローブでの手の冷え対策は必須

かじかんだ手で釣り糸を結んだり、餌をハリにつける作業・・・・考えただけでもゾっとします。指の自由が利かずにイライラするため釣りどころではありません。そうなるとグローブ、いわゆる手袋をつけることになるわけですが、このグローブも適当に考えると、釣りをやりにくくしてしまう要素になります。

 

論外なのは、モコモコの毛糸地のヤツ。これつけて釣りしてみるとわかりますが、はっきり言ってお話にならないくらい釣りになりません。理由は簡単、ハリや釣り糸がひっかかります。ハリが引っかかると最悪、手袋の破損もあり得ます。

 

釣りの防寒対策としてのグローブの王道はクロロプレンゴム、よくネオプレーンという名前で知られる素材のグローブがおすすめ。スキューバダイビングやサーフィンなどのスーツにも使われることで知られています。防風・耐水・伸縮性と、釣りのグローブのための素材といってもいいかもしれません。生地の厚さで用途を分けることもできます。

 

ゴム素材のため表面は円滑性があり、釣り糸やハリが引っかかるようなトラブルも軽減されます。釣り用途のグローブの特徴のひとつは、人差し指、中指、親指指部分が開いていて、糸結びやエサ付けがしやすくなっていることにあります。ここで指がもろ出しでは、防寒対策としては不十分と考えた人もいると思いますが、普段は指をすっぽり覆って、必要な時にだけ指を出せるタイプのグローブもあります。

釣りの防寒対策 指空きグローブ 釣りの防寒 ネオプレーングローブ

 

寒さが特に厳しい場合は、ネオプレーン素材のグローブを2枚重ねにすることもできます。筆者が良くやるのが、薄めのグローブの上に、厚めのグローブを重ねてつける方法。さらに、薄い方は完全に指空き、厚めの方は必要に応じて指を出せるタイプを使うことで、機能性を確保しつつ防寒対策にもなります。

釣りの防寒対策 グローブを重ねて使う

 

>> フィッシンググローブを探す <<

 

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ