渓流や管理釣り場のフライフィッシング入門-必要な道具とは



スポンサーリンク


フライフィッシング入門として必要になる道具はなにがあるでしょうか。

今回はフライフィッシング入門として渓流や管理釣り場などのフィールドでヤマメ、イワナ、アマゴ、ニジマスといったマス釣りをフライフィッシングで楽しむために必要な道具と仕掛けの基礎にはについて、記事を2回に分けて初心者にも分かりやすく説明していきたいと思います。

ではさっそく第1回目、フライフィッシングに必要な道具についてです。

 

フライフィッシング入門に必要な道具

フライフィッシング入門で必要になる基本的な釣具について確認してみましょう。

 

フライロッド(釣竿)

フライのパックロッド渓流や管理釣り場では、フライロッドの長さは、6フィート(約1.8m)~8フィート(約2.4m)あたりで、番手は#4~#6を選択すると良いと思います。

フライキャスティングの練習用としては#5あたりの番手の7.5フィート位がちょうどイイと思います。

フライロッドのグリップは一般的にはコルクが大半を占めます。

EVAと呼ばれるビーチサンダルなどで使用される素材の物もあるようですが、あまり見かけませんね。

 

▼▼▼フライロッドについての詳細は、こちらの記事もご覧ください。

フライロッドの種類と失敗しないための選び方

 

 

フライリール

フライリールの基礎知識フライリールはフライロッドとセットで使い、フライと呼ばれる毛鉤を飛ばすためのフライラインを収納しておくのが主な利用目的となります。

スピニングリールなどと違い、その構造は極めてシンプルにできていて、魚が掛かったときにリールを巻いて魚とやり取りすることはあまりありません。(大型魚の場合はリールでのやり取りをする場合もあります)

フライリールのサイズはロッドとフライラインの番手に合わせて選択する必要がありますが、フライフィッシング入門としては#5の番手に適合するものを選択するようにすれば良いでしょう。

 

▼▼▼フライリールについての詳細は、こちらの記事もご覧ください。

フライ初心者のためのフライリールの基礎知識

 

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ