フライフィッシング入門-フライキャスティングの方法



スポンサーリンク


今回はフライキャスティングと練習方法などについてお伝えしたいと思います。

これまでに、フライフィッシング入門の基礎知識として、フライフィッシングに必要な道具やフライのパターン、そして基本的な仕掛けについてご紹介してきました。

まだ見ていない方は、これまでの記事もご覧くださいね。
渓流や管理釣り場のフライフィッシング入門-必要な道具とは

渓流や管理釣り場のフライフィッシング入門-フライの種類と基本的な仕掛け

 

これらの知識が身に付いたところで、実際のフィールドに出て実釣っ!と行きたいところですが、フライフィッシングではもう一つ知っておかないといけない知識があります。

それがフライキャスティング方法の知識です。

フライをキャストする(投げる)ことができなければ、当然釣りになりません。

 

フライキャスティングの原理

小さくて綿のように軽いフライをなぜ遠くに飛ばすことができるのでしょう。

実際にフライキャスティングの方法について説明する前に、フライキャスティングの原理について少し触れてみましょう。

 

なぜラインが伸びていく?

フライキャスティング中はラインが前後にU字を横にした形を描いて伸びていきますが、このU字の形のことをループといいます。

ループができることでフライラインにパワーが伝達され徐々に伸びていきます。

フライキャスティングでは、このループをしっかりと作ることができるかどうかがカギとなるわけです。

 

 

なぜループができる?

ロッドを振るとラインの重さを受け止めてロッドがしなり、しなった状態のロッドを「止める」と慣性によってラインにループが発生します。

ロッドのグリップは大きく弧を描かず、あまり動かさないように竿先を大きくしならせるのがポイントです。

かなづちで釘を打つイメージ(あくまでイメージです)でロッドをしっかり止めると、ロッドの反発と慣性によってループが発生します。

フライキャスティング-ループができる原理

 

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ