フライ初心者のためのフライロッドの基礎知識



スポンサーリンク


フライロッドとは、ロッドをラインの重みで曲げ、その反動でフライと呼ばれる毛鉤を遠くに運び投げるための釣竿で、フライを投げるというより、ラインを飛ばすという方が正しい表現かもしれませんね。

種類にはたくさんあって、これからフライフィッシングを始めようとしているフライ初心者さんが何を基準にして選択すればよいか迷うところも多いフライロッド、その基礎知識を2回の記事に分けてお伝えしたいと思います。

第1回目の今回は、ロッドの各部位の名称とロッドの番手とテーパーについて触れていきます。

 

フライロッド各部位の名称

フライロッドの各部位の名称フライロッドの各部位の名称と機能について見ていきましょう。

必ず覚えなければいけないというわけではありませんが、覚えておいた方が、今後フライフィッシングや、その他の釣りで使う道具の使い方を知りたい時に理解が早いと思います。

クリックして拡大→

 

リールシート

リールを取りつける台となる部分です。

 

グリップ

フライロッドのグリップの種類握り手の部分のことで、グリップにはいろいろな形があり、代表的なものとしてはシガー、リバースハーフウェル、フルウェルなどがあります。

グリップの形状でキャスティングのしやすさにも影響します。

素材はほとんどのものがコルクが使われています。

 ↑クリックして拡大

ブランク

ロッドの最重要本体部分のことで素材はカーボンを主流として、その他にはグラスファイバー、自然素材の竹(バンブー)などがあります。

 

トップ(ティップ)

ロッドの最先端部分のことで、内部が中空のチューブラー構造のものがほとんどですが、竹素材を使ったロッドでは、ロッド全体が内部が詰まったソリッド構造になります。(最近はバンブーロッドでも中空構造のものを手掛けるビルダーさんもいらっしゃいます)

 

バット

ロッドのグリップに近いブランクの部分です。

 

ティップセクション

ロッドのトップ(ティップ)側のブランクのことです。

 

バットセクション

グリップ側のブランクのことです。

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



釣りガール 釣り女子 紫外線対策 UVブロック
▲ もう紫外線対策は大丈夫? ▲



釣具通販の裏ワザ! 知って得する、ある方法!
▲ 釣具通販裏ワザ!実質0円も? ▲



スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ