フライ初心者のためのフライリールの基礎知識



スポンサーリンク


フライフィッシングではフライロッドとセットで使用するフライリールが必要です。

対象魚によって様々な種類があり、フライ初心者にとっては、どんなフライリールを選択すれば良いか分からないことも多いのではないでしょうか。

この辺の話を基礎知識という形で2回に分けてお伝えしたいと思います。

第1回目の今回は、フライリールの特徴、そして各部位の名称と役割について触れていきたいと思います。

 

フライリールの特徴

フライリールの基礎知識フライリールはフライと呼ばれる毛鉤をキャストするためのフライラインを収納しておくための道具です。

スピニングリールなどと違い、その構造は極めてシンプルにできていて機能的にもドラグ(※)が付いている程度です。

ギア比は1:1、つまりハンドル1回転でスプールが1回転します。

スピニングリールやベイトリールではバックラッシュ(スプールで糸がグチャグチャに絡むライントラブル)の発生が問題となりますが、フライリールでバックラッシュはほぼ皆無です。

また、ルアーフィッシングなどでは魚とのやり取りでリールを駆使することが多いですが、フライフィッシングでは、ほとんどの場合フライラインを手繰り寄せることで魚を引き寄せます。(大型魚を対象とする場合はリールでやり取りをする場合もあります)

以上のことからフライリールは、単純にフライラインを収納しておくためのシンプルな道具と言えます。

(※):ドラグとは、スプールの回転を抑制しラインを出やすくしたり、出にくくしたりするためのブレーキ装置です。

 

フライリールの特徴

・フライラインを収納しておくのが主な目的。

・構造がシンプル。(機能的にはドラグが付いている程度)

・ギア比は1:1でハンドル1回転でスプールが1回転する。

・バックラッシュの心配無用。

・魚とのやり取りでリールを使うことは少ない。(大型魚除く)

 

 

▼この記事を読んだ人に人気の記事▼


スポンサーリンク


釣り 日焼け 対策
▲ 釣りの日焼け対策は万全? ▲



楽天釣り市場
▲ 【楽天】品揃えトップクラス! ▲



アウトドア&スポーツ ナチュラム
▲ 【ナチュラム】キャンペーン中! ▲



▲ アマゾンで釣り用品を探す ▲
アマゾン スポーツ&アウトドア 釣り用品

 
スポンサーリンク




釣り便利グッズレビュー記事はこちら

オンリースタイル 車中泊専用マット
ロゴス ワンタッチキューブテント
FGノット結束器 ギアラボ EZノッター
ドレス カスタムハンドル
ドレス フィッシュグリップ


釣り具通販サイトのレビュー当サイトの便利ポータルページを用意しました。
>> 釣り具通販サイトランキングと便利ポータルはこちら。


▼▼ 応援ありがとうございます!m(_ _)m ▼▼
にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ



このページの先頭へ